性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

入院中にヒマだったからナースにチンポロしたらナースの淫乱さを思い知らされた

TD044525
キーワード: 看護婦
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

僕が、スキーで靭帯をきって入院した時にした悪戯を話します。たぶん、誰でも簡単にやれる悪戯です。数年前に入院した時、僕は大部屋の入り口のベッドでした。みんな入院中は暇だということで、向かい斎藤さんとその隣の小林さんがすごくよくしてくれて、いつも三人で一緒にいました。その二人は僕より前から入院していて、すごくスケベでいろんな看護師さん達の情報を知っていて、名前はもちろん年齢、既婚者か未婚かとか彼氏はいるかとか私服はどんな感じとか。あの子は、ミニスカートで出勤してくることが多くて脚がめちゃくちゃ綺麗だ!とか、あの子は見かけによらず胸が大きいとか。どうやって調べたのかというくらい詳しくて、暇な入院生活には楽しい人達でした。そんなある日。僕が看護師さん達の中で好みの子がひとりいて、二人がその子の話をした時があって、僕は他の子より集中して聞いていました。情報によると、彼女は〇川ゆりさん。26歳で未婚、彼氏なし身長160㌢スレンダーな体に白衣の上からはわからないけど、Fカップはある。というのです。正直、僕も気にしてチラチラみていたけど、色白で細くてどうみても胸は大きくは見えなかった。けど、その二人の話では夕方彼女が仕事を終えて帰るとき、私服姿を見たことがあるとのことで体にピタッとしたニット系の服を着ていたらしくて、その胸は細い体に似合わずツンと突き出て相当でかかったというのです。二人はゆりさんを[おっぱい姉さん]と呼んでいました。そんな話を聞いてから、ゆりさんがよけい気になってしまい、ゆりさんの胸をチラチラ見たり、夜ベッドの中やトイレに行ってはゆりさんをネタに何度もぬいていました。そんな日々が続いていたある日のことです・・・手術後、抜糸をするまでの間お風呂に入れなかったので、毎朝看護師さんがタオルを二枚持ってきて(青いタオルは上半身、黄色いタオルは下半身)くれていて、早く風呂入りたいなーと思っていました。その日も朝、いつものタオルを持ってきてくれる時間になり待っていると「タオルどうぞ!青は上、黄色は下ですからね!」と、おっぱい姉さん。じゃなかった、ゆりさんがきました。意識していたので、ドキドキしてしまいました。その時は、向かいの二人はどこに行ったのか、いなくて「あれ?斎藤さんと小林さんはいないの?」と聞かれたけど、僕もわからなかったのでそう伝えるとゆりさんは僕にだけタオルを渡して

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

僕は大部屋の入り口のベッド、向かい斎藤さんとその隣の小林さんがすごくよく、いつも三人で一緒にいました、その二人は僕より前から入院、既婚者か未婚かとか彼氏はいるかとか私服はどんな感じとか、脚がめちゃくちゃ綺麗、あの子は見かけによらず胸が大きいとか、彼女は〇川ゆりさん、26歳で未婚、彼氏なし身長160�aスレンダー、Fカップはある、間お風呂に入れなかった、Tシャツを脱ぎ上半身裸になりました、膝のうらや太ももまで拭い、・・なんて妄想、また夜に一人で、いつも夜勤の人達が来る1時間くらいまえ、僕はいつもTシャツにハーフパンツ、パンツの脇からチンポがポロンと出、チンポを触り、今ゆりさんは俺のチンポを見るためにわざわざ戻っ、やっぱり女の人も男性性器は興味あるん、1〜2分位たったのかな、まんこ濡れ、硬くなったペニスを気づかれないように優しく包み込むよう、女性に痴漢行為を、看護師さんもあんなにエロいん、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト