性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

隣の部屋のOLがレイプされたので助けたが、それは思っているのとは全然違っていた

TD044528
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

信じられない出来事が起きた。エレベーターを降りると、男が突進してくる。なんだ!と身構えたが、勢いよく走り去っていった。ほんの一瞬だが、俺の隣の部屋から出てきたのが見えてた。ドアが少しだけ空いていて、ドアの下にドライバーらしきものが挟まってる。妙に気になり、チャイムを押したが応答はない。拾ってみると、ドライバーではなくアイスピックだった。アイスピックと逃走男?ゾッとし、思わずドアを空け、すいませんと呼んだ。すると、奥の方から「うぅーうぅぅ」と声がする。「すいません、すいません」と連呼すると、さらに大きく唸り声がする。「隣の部屋の者ですが、勝手に失礼します」と声をかけ、部屋に上がり込んだ。信じられない光景が飛び込んできた。目と口にはガムテープを貼られ、脚を閉じれないよう、ひざの裏に鉄パイプを通し縛り付け、足首に手首をガムテープで縛り付けられてる女が。可哀想だったが、あまりにも卑猥な姿に興奮し、見入ってしまった。仕事帰りを狙われたんだろう。スーツの上着は剥ぎ捨てられ、ブラウスとブラジャーは引きちぎられ、巨乳がはみ出している。スカートをめくられ、パンティ、パンストは引き裂かれてた状態。女の唸る声で我に戻り、「大丈夫ですか」と声掛け、ガムテープを剥がしとった。俺の顔を確認するなり、女は大泣きした。辱められ、屈辱的な姿を他人に観られ、死にたい気持ちだったろう。疑われたら、たまったもんじゃないと思い、泣いている女に経緯を説明した。身長、体格が全く違う為、疑いの目はなかったが、男という生き物に恐怖を抱いている。声を震わせ、精一杯、「ありがとうございました。もう大丈夫ですから」と言われ、長いは無用と思い、何か困ったことあったらと名刺を渡し部屋を出た。翌々日、部屋のチャイムが鳴り、なんとなくピンきた。やはり、隣の娘だ。「すみません、ちょっとお話いいですか?」「あっはい。ウチでもいいんですか?」「構いません。」インターホンでのやり取り後、部屋にあげた。立ち直りには個人差はあるだろうが、どこか吹っ切れた様子だ。彼氏にも家族にも言えない。友達にも言えない。とにかく、誰かに聞いて欲しくて俺のとこにきたらしい。とても恥ずかしそうに、静かに語りだした。「鍵を開けた瞬間、背後から襲われ、そのまま玄関に押し倒されました。刃物みたいなもので、『騒いだり大声出したりすると殺すぞ』と脅されました。怖くて言う

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

脚を閉じれないよう、あまりにも卑猥、スーツの上着は剥ぎ捨てられ、ブラウスとブラジャーは引きちぎられ、巨乳がはみ出し、パンティ、身長、体格が全く違う為、男という生き物に恐怖を抱い、胸を鷲掴み、抵抗、ベッドに押し倒され、電話があると伝えられました、。お前を拘束、「はい。メガネをかけた冴えない彼氏にも言っとけと。」、身の危険を感じてた、その娘の名はM25歳、勤務先は誰でも一度は耳に、5分ほど沈黙があり、身体つきで、顔は○川遥みたい、穏やか系美人、こんな出会い、2/3ページ1ヶ月ほど経ったある日、女性の口からは言えない内容、部屋の外から撮影は始まる、低くドスのきいた声で脅し、男Aが荒々しくパンストの股間部分を引き裂き、舐めさせぬよう、胸を優しく撫で乳首を摘み、愛液が垂れ、少しずつ喘ぎ声が漏れ始める、クリ舐められ膣を愛撫、クンニ、一回目の挿入、頭の芯まで痺れたのか、男2人は一発ずつ射精、調教キットを乳首、男Aが太いバイブを取り出し、BがMの口にペニスを突っ込み、Aがバイブを激しくピストン、Mは必死にフェラを始めた、淫乱女、4時間位、性欲だけは正直、何度も犯した、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト