性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

バイト先の世話焼きおばちゃんが病気の俺を見舞いに来て、あっちの世話までしてくれた

TD044529
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

時給は低いんだけど、食事付きに惹かれて近所の弁当屋でバイトしてます。さらに余ったお惣菜も持ち帰りOKなのでひとり暮らしで自炊しない俺にとってはいいバイトなんです。お店は店長さん(男性)と店長さんの奥さんとパートのおばちゃん2人と俺の5人で切り盛りしています。パートで世話焼きの高木さんっていう49才のおばちゃんがいるんですけど、先日、俺がインフルエンザに罹ってバイト休んじゃって迷惑掛けちゃったんだけど、ほぼ治っただろうときにその世話焼きの高木さんが俺の住んでるアパートまでお見舞いに来てくれたんです。お店で余ったお惣菜を持って。ありがたくお惣菜もらって帰ってもらおうと思ったら、ずかずか部屋に上がって来ちゃって、「ほら、やっぱり散らかってる」と言ってニヤニヤしてるんだわ。確かに4日間寝っぱなしだったので、部屋は散らかってたし、台所の流しも洗いもので溜まってたし、洗濯物も溜まってたし…って感じだったのは事実。高木さんは僕には寝てていいからと勝手に台所に立って洗いものを始めたんです。洗いものが済むと、散らかってる部屋を片付けてくれちゃって、あっという間に台所も部屋もキレイになってしまいました。「さすが高木さん、すいません、いろいろしてもらちゃって助かりました」とお礼を言うと、高木さんは僕の寝ているベッドに腰掛けて、「このぐらいお安い御用よ。それよりどうなの?治った?明日からまたバイト出れそう?」と心配してくれました。「あっ、もう大丈夫っすよ。いちおう大事をとって休んでいるので…」「ならいいけど…。それにしても台所も洗いもの溜まってたし、洗濯物も溜まってるし…部屋も散らかってたし…ほんと男の子のひとり暮らしって感じね」「そうっすね(苦笑)」「こっちも溜まってるんでしょ?」と予想もしなっかたことにおばちゃんがベッドで寝ている俺の股間をスエットの上からサワサワしてきたんです。俺はおばちゃんの予想もしてなかったサワサワにめっちゃビックリしちゃって、まるで金縛りにあったかのように身動きとれなくなっちゃってるのに、おばちゃんは平然と俺の股間をずっとサワサワしてるんです。こりゃ、マズイと思ってるのに、おばちゃんはお構いまし…すると案の定、「ほら、やっぱり溜まってたんでしょ?すぐ硬くなっちゃったもんね」「高木さん、マズイっすよ」「あら、別にいいじゃない。恥ずかしがることなんてないわよ。若いん

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

(男性)、店長さんの奥さんとパートのおばちゃん2人と俺の5人で切り盛り、パートで世話焼きの高木さんっていう49才のおばちゃんがいるん、確かに4日間寝っぱなし、…って感じ、ベッドに腰掛け、俺の股間をスエットの上からサワサワ、臭いチンポをしゃぶり始め、チンポだいしゅきよ」、唾液を口の中に溜め、あまりの気持ちよさにあやうくイキそうになっ、パンストとパンティだけ脱ぎ、マンコに擦りつけ、おばちゃんのマンコの中にドクドクっと5日間溜まった精子を出し、「あぁ、中出ししちゃたのね。どう?溜まってた、「あはは、もう妊娠は、月に一回必ず俺の部屋を訪ね、セックス、でも俺はモテるタイプじゃない、風俗行くお金もない、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト