性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

スナックのママに巨根を見込まれて思いで作りを頼まれた

TD044534
キーワード: スナック
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

ある経営コンサルタントをしています。経営不振のお客に呼ばれ、再建・改善をすることが仕事です。ある東北の施設です。経営不振で、転換期をむかえてました。週に2~3日出向き、隔週で約1年間通ったと思います。1年も通えば、当然行きつけの店の一つや二つはできます。Aさんは、スナックのママでした。そのママの店に、4か月くらい通ったあたりのことです。ラストまでいた私は、そろそろホテルに引き揚げようかと勘定をしてもらおうと声をかけた時です。「先にお店を出たら、地下の自販機の横で待ってて…」と言われ、おそらくアフターのお誘いかな?と思っていました。耳打ちしたのは、まだ店にBさんがいたためです。先に店を出てAさんを待つと、小走りにやってきました。私は「どこに行く?」とそそくさと聞くと、背伸びをしながら(私は身長180、Aさんは151)「このまま帰ろ…」と言われ、面食らうではありませんか。なんだよと思いながら歩き出し、ホテル前でサヨナラなのかと思っていたら、そのままホテルに入ってきました。そして、私と一緒にエレベータに乗りこむではありませんか。もう時計は、深夜2時になろうかという時間です。ほかの宿泊客など乗っているわけがありません。ポカンとしてると「部屋何号室?」と聞くのです。「えっ?一緒に帰るっていうのは、俺の部屋に帰るってこと?」と聞くと「どこへ帰るつもりだったの(笑)?」と逆に聞き返され、困っているとそっと股間を右手でつかみ「今日思い出つくろ…」と目を向けてきました。Aさんは49歳の雇われママで、バツイチ・子供3人で下の子もすでに社会人とすでに聞いていましたから、自由と言っちゃ自由な身です。雇われといっても、オーナーとの関係は昔はあったようですが今はなく、フリーの身でした。私のとる部屋は、いつもダブルのシングルユースであることは彼女は知っています。部屋に入るなり、バッグをソファーにおき、ベッドのヘリに腰をかけると店にいたままの顔ではなく、女の顔です。彼女は「スーツ脱いで楽になったら?」と言います。私は、ジャケットワイシャツを脱ぎ、椅子に座りました。それと入れ替わるように彼女が立ち上がり、服を脱ぎだしたのです。身につけているのはブラと下だけです。そのままバスルームに行くと、風呂に湯をはり、化粧を落とし始めました。出てきたときはスッピンの彼女、髪はアップにしてこれからお風呂に入るといっ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

週に2~3日出向き、隔週で約1年間通ったと、4か月くらい通ったあたりのこと、そろそろホテルに引き揚げようかと勘定を、(私は身長180、Aさんは151)、ほかの宿泊客など乗っ、(笑)、そっと股間を右手でつかみ、Aさんは49歳の雇われママで、バツイチ・子供3人で下の子もすでに社会人とすでに聞い、バッグをソファーにおき、ベッドのヘリに腰をかける、「スーツ脱い、ブラと下だけ、風呂に湯をはり、化粧を落とし始めました、ラブホテルじゃありません、彼女はシャワーで泡を落とし、テクニックは最高、彼女の肩を押さえ、全力で突き飛ばされるように胸を押され、、アソコが痛いの…怖いの」、そう簡単にイキません、「うん…セックスも久しぶり、挿入、「だって、あなたと私は8つ歳の差があるの!あんなでっかいの、私の同い年の女性で楽々入る人がいたら見、チン拓をとったり、通販でバイブの一番太いものと長いものを買っ、(47)、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト