性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

【体験談】妻に何気なく3Pを提案したら、あっけないほど簡単に進んでいき

TD044541
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

3Pや貸出しに興味を持ってはや数年、私は妄想の中で妻のSEX・痴態を楽しんでいました。そんな中、妻の好きな男性のタイプが分かりきってきた昨今、私:「●●●●(芸能人氏名)な感じの人って好みでしょ」妻:「まあ~タイプ^^」私:「こんな人だったらSEXもすぐしちゃう?」妻:「うんできる、できる」と何気ない会話がありました。妻はあまり本気にはしなかったのでしょう。私は、こんな話をする機会はまずないので、話が変わる前に、私:「Hしてもいいよ。でもまず●●●●な感じの人はいないけどね」妻:「ホントに?いればな~~」(私の言葉が本気でないと思った様子)私:「いればホントにしてもいいよ~」妻:「いないかな~~人妻でもいいって感じの●●な感じの人」(妻は冗談の様子)こんな会話が交わされ三分後、忘れかけたころに、私:「探せば人妻でもいいっていう人なんてたくさんいるよ。」「3Pでもしてみる?今度探しておくよ」(冗談混じりの本気)妻:「いればね^^」妻は冗談でも私は本気でした。そしてすぐに相手を探し始めました。相手探しなんてたやすいもので、妻が20代の女ということが魅力なようで、当然、●●●●(芸能人氏名)とは似ても似つかない人ではありますが、すぐに相手は見つかりました。(仮名:木田さん)時間が経つ前に三日後、私:「あの、相手見つかったよ」「今度しよう。3P。」妻:「●●●●似の人?3P?するの?」私:「うん。そうだよね?」妻:「へ~~。そうなんだ。」あまり嫌悪感を持っていないことに少し驚きましたが、私:「○日の夕方だから…○○駅に来てね。仕事終わったら行くから」と一方的に伝え。会話は終了。その後両者沈黙数分間。その沈黙は、口には出さない嫌悪感なのか、興奮なのか分かりませんでした。一週間後の当日、朝から口に出すこともで出来ず、仕事に出た昼下がり私は念のためメールをしました。私:『今日、○時に、○○駅。大丈夫だよね?』約30分後、妻:『わかってます』との、返事。きっと、以前にしてしまった肯定的な返事を覆す事ができなかったのでしょう。理解のある返事をしてきました。来なくても仕方ないつもりでいましたが、妻の性格からするときっと来ます。来ました。妻が。予想どうりに。意外に普通のテンションでいつも二人で歩く感じで、しかも特にオシャレをするわけでもなく、なぜか私が不思議に思うくらい…そんな感じで相手

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

3Pや貸出しに興味を持っ、私は妄想の中で妻のSEX・痴態を楽しん、感じの人って好み、「いないかな~~人妻でもいいって感じの●●、こんな会話が交わされ三分後、(仮名:木田さん)、一週間後の当日、妻の性格から、意外に普通のテンションでいつも二人で歩く感じで、それは妻をホテルに口説くところを見たかった、まずシャワーにいくのは妻、私と木田さんはソファに座りジュースを飲ん、その横でさっさと服を脱ぎきれいに折りたたみはじめました、妻はブラジャー、小さめのバストを包むブラが垂れ下がり片方の乳首がほんの少し顔を覗かせます、妻は短い靴下のみが脚の先端を隠し、ブラジャーとショーツを一つに包み足首に指をいれ靴下を子供のように剥ぎ取りました、裸、フェラを受け、舐めはじめました、そこでやっと口からペニスを抜きチラッと後ろを振り返りました、妻もNGプレイは主張、(仮名:阿部さん)、妻の写真を撮りたがっ、ブラウスを脱ぎました、パンツのラインまではっきりわかります、パチンと音が鳴りパンツのゴムの音が聞こえます、私がマンコを舐め、待つこと約2時間半、髪は濡れ化粧は落ち、クリトリスが露になっ、そしてベッドにうつ伏せになり両手の平をベットにつけ肘を立てた状態にあり、妻の片胸は阿部さんの腿に押し当てられ、やはり挿入行為もあり、挿入は正上位・バックと、太ももなどが写っ、その場面の写真も4枚ほど撮られ、薄目を開けた妻が首を横に曲げ根元から先端に向け舌で舐め、かかった精子の重みで前髪が額に接し、そのときの様子が3枚ほどあります、『まず、奥様に剃毛を、。薄茶色に染まったアナルと、その持ち主、女性と確信、。フィニッシュに関しても、フェラで迎えることになりました、それは下着を着けず帰宅、私は約1時間後の夕方、午後9時ころ帰宅、~~あれだけ大胆になれる妻やセフレが私もほしいくらい、約2時間後、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト