性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

ヤクザのおもちゃにされた母

TD044547
キーワード: ヤクザ
カテゴリー: 男性視点 

テクスト冒頭部分

僕の実家がある場所は田舎の温泉街で、大小とりどりの旅館が立ち並んでいた。当時母は40代になったばかりであったが、実家から歩いて20分程のところにある地元では大きな老舗の温泉旅館で仲居のパートをしていた。僕はすでに高校を卒業して、少し離れたところにある県庁所在地でフリーターをしていたが、たまたま実家に帰っていた。ある日、夜の9時前に、どしゃ降りの雨が突然降りだしたので、僕が母を迎えに行くことになった。仕事のシフトが終わる時間よりだいぶ早く着いたため、旅館のリビングでテレビを見ながら母の仕事が終わるのをのんびり待っていた。すると、急にどやどやと怖そうなヤクザらしき男達が入ってくるではないか。僕は囲まれる形となり脱出できなくなった。男達は酒気を帯びていて、めいめい好きなことを言い合っていた。どこそこの女とやったという類の話しが多かった。話の端々を聞くと、どうやら県庁所在地の繁華街で勢力のある組の男たちのようであった。「や、やばい」僕はビビりながら小さくなって、なんとか脱出できる機会をうかがっていた。ちょうどそのとき仲居姿の母が忙しげに廊下を通り過ぎるのが見えた。50歳位の角刈りで筋肉隆々でエネルギッシュ、眼光の鋭い、いかにもヤクザの組長らしき男が、通り過ぎる母の仲居姿をじっと目で追っていたが、「今、そこ通った仲居、いい体してたなぁ。一発やりたくなった。今夜どうしても抱きたいから、女将を呼んでこい」と突然言い出したのにはびっくりした。呼ばれた女将さんは親分の話を聞くと、「おっしゃる仲居はパートで来ている普通の主婦さんですよ。それはご無理なお話です」と相手にしないで戻ってしまったが、ヤクザの親分は、それでも「是非、抱きたい。とにかく探して、呼んで来い」と若い男に母を呼びに行かせた。若い男に押されるようにして連れてこられた母は、さすがに緊張した様子で親分がどっかりと座っているソファーの前にへなへなと膝まずいた。緊張のせいかすぐ近くにいる僕にも気づかない。「急に呼んで悪いね。あんたの色気に参ったんでね。お代は弾むから今夜、俺の相手をしてくれ」と親分らしき男がにやにやしながら言うと、母は顔を真っ赤にして、「いいえ、私は、そんな・・・」と語尾が消え入りそうな感じでもごもご言って、力なく俯いた。「どうしてもあんたを抱きたいんだよ」と親分の顔が母にぐっと迫った。なんて傍若無人なんだ。人の

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

夜の9時前に、50歳位の角刈りで筋肉隆々でエネルギッシュ、「今、そこ通った仲居、いい体、。一発やりたくなった。今夜どうしても抱きたい、ソファーの前にへなへなと膝まずいた、感じでもごもご言っ、「ヤクザとセックス、。腰が抜ける程よがらせ、ホスト風の30代後半くらいの超イケメンが、、口説かれ、母から電話があったと、明らかに男女のあの声が聞こえ、「ちょうど二発目やろうと、身体を息子さんにも見せ、明るい照明の下で母の肌は美しかった、母の体をいやらしそうに舐めまわし始めた、龍の彫り物が母の股間でうごめい、母の股間を舌で責め、「お前も脱げ」、。こいつもこの年で童貞ということはない、超イケメンの男が母の肩に両手をかけ、脚を大きくM字に開き、じくじくと濡れ、奴隷のよう、和テーブルの上に習字セットを無造作に置く、放心、母のわき腹を超イケメンがつま先で無造作につついた、母の乳房を乱暴にもみ始めた、、いく、いくーっ」、超イケメンが卑猥、サディスティックに命じる、開脚姿が目の前に来、肉体的、そのまま記念写真を促された、「お化粧が落ちてるぜ」、超イケメンが母の太ももをベルトで打った、愛液がますます溢れ、「胸も触れよ。そうそう」、たまらない快感に耐え、超イケメンのプレイはかなり変態的、それでも1センチ、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト