性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

僕が性欲の対象と意識した人は母親でした

TD044554
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

僕が15を迎えたころ、女性に興味を持ちはじめ、特にオマンコ(SEX)には特別な思いが湧き始めていました。僕が性欲の対象と意識した人は母親でした。小学生の5年生までは一緒にお風呂に入っていたせいで、オナニーをするときはいつも母親の裸を想像してました。それが、習慣になるとオナニーでは物足りなくなり、実際に母親とオマンコをしてみたいという欲望が沸き起こりました。それからは、なんとかチャンスがないかと毎日様子をうかがいつつ、毎晩、母親相手のオナニーは続いていました。そして、その日が訪れたのです。いつもは定時間で帰宅するのに、その日に限って残業をしたうえ、帰宅途中に雨に降られ濡れて帰宅した母親に、お風呂に入るよう進めました。「ありがとう。優しいのね、ともは、」「風邪ひくといけないし、当然でしょ。」「それとも、夕飯はまだなの?」「帰る途中で会社の人と済ませてきたゎ」「そか、~ならよかったね」「ともは?済んだの夕飯は?」「うん、簡単に冷蔵庫の残り物で済ませたよ」「ごめんね~電話もしないで」「いいさ。母さんは仕事だもん、仕方ないさ」「じゃ、遠慮なくお風呂にはいろうかな・・・・」「うん、そうすればいいよ」そういうと、母親は背中を向けてお風呂場に行きかけたとき、僕は母さんに意外な言葉をかけていた。「ねぇ、かあさん。一緒に入ってもいいかな?」「えぇ~ともと?」「うん、ダメ~」しばらく考えていた母親は、簡単に承諾してくれたのにはおどろいた。「久しく、一緒に入ってないね。ともと、」「ま、いっか親子だし、たまにはね」僕はうれしさのあまり、声が出そうになったのを抑えていた。僕が先にお風呂に入って待っていると、少しあとから母さんが入って来た。久しぶりに見た母さんの裸は、昔とほとんど変わってはいなくて、僕のオチンチンはお風呂の中で反応しはじめていた。家のお風呂は、二人が入ると少し狭い感じがしたが、僕は気にならなかった。何気ない会話の後で湯船から出ると、母さんの体を洗いながら僕のオチンチンは天井めがけて思いっ切り勃起していて、母さんの身体に触れないよう気使いながら背中を洗い、肩越しに母さんの胸に見とれていました。母さんの胸は豊満で柔らかそうな感じがして、触ってみたい衝動が起こったと同時に、母さんの胸に手が伸びていました。「こら~どこ?触ってるの?」「あ、ごめん。つい・・・」「つい?どうしたの?」「やわ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

僕が15を迎えたころ、女性に興味を持ちはじめ、小学生の5年生までは一緒にお風呂に入っ、いつも母親の裸を想像、帰宅途中に雨に降られ濡れ、「ごめんね~電話も、二人が入る、少し狭い感じが、母さんの身体に触れないよう気使い、肩越しに母さんの胸に見とれ、射精の準備を整え、快感へと向かい、一気に精子が勢いよくオチンチンから出るのがわかった、満足感と、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト