性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

意地っ張りな嫁が、引っ込みがつかなくなって性感マッサージを受けた2

TD044562
カテゴリー: 男性視点 男(熟年、不明、マッサージ師)女(大人、人妻 、主婦)

テクスト冒頭部分

「続けて下さい。お願いします」真島さんにそう言った俺に、嫁はビックリした顔をした。まだ、性感マッサージが始まってもいないと聞かされて、ただでさえ驚いていた嫁が、俺の言葉に本当に驚いたような感じだ。絶対に他の人では感じない。そんなことを言っていた嫁が、たぶん、すでに真島さんにイカされてしまった……。そう思うと、歯ぎしりしたくなるほど嫉妬心がわき上がる。でも、やっぱり興奮してしまう自分もいる。「わかりました。では、性感の方に入りますね」真島さんはクールに言う。少しも興奮していない感じだ。でも、股間は少しもっこりしているのでは、多少なりとも勃起はしているようだ。『は、はい……お願いします』嫁は、少し戸惑ったような返事をする。「では、仰向けになって下さい」事務的に指示をする真島さん。今日は、仰向けのマッサージはなしの約束だったはずだが、嫁はゆっくりと仰向けになっていく。もう、今さらという気もするが、真島さんに嫁の胸やヘアを見られてしまったという気持ちになる。でも、すぐに真島さんは嫁の身体にタオルを掛けてくれた。身体に対して横にバスタオルを掛けられた嫁。かろうじて胸とヘアは隠れた。でも、上乳が丸見えだし、下もほとんどマイクロミニスカートのような感じになっている。下手をしたら、全裸よりもエロい格好なのかもしれない。そして、厚めのタオル生地越しにも、嫁の乳首がハッキリと浮いているのがわかる。他の男の手で、ビンビンに乳首を勃起させた嫁。俺は、このまま進めて良いのかな?と、不安になってきた。でも、真島さんは淡々とマッサージを勧めていく。真島さんは嫁の足元に移動すると、嫁の足の指をマッサージする。少しくすぐったそうにする嫁。でも、何となく目がトロンとしているような感じだ。すると、真島さんはイキなり躊躇なく、嫁の足の指を舐め始めた。『あっ、ダ、ダメです、そんな、汚いです!』慌てて脚を引っ込めようとする嫁。「リラックスして下さい。これも、性感マッサージのメニューですから。皆さんにしてますよ」真島さんは、穏やかな口調で言う。すると、嫁は抵抗をやめた。多くの日本人と同じく、嫁も皆がしていると言われると、そんなものかと納得してしまったのだと思う。真島さんは、嫁の足の指の間や、足の甲、そして足の指そのものをフェラチオでもするように舐めていく。さっきまでのマッサージと違い、舌で舐めるという行為になっ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

真島さんにそう言った俺に、感じ、なるほど嫉妬心がわき上がる、股間は少しもっこり、真島さんに嫁の胸やヘアを見られ、すぐに真島さんは嫁の身体にタオルを掛け、全裸よりもエロい格好、嫁の乳首がハッキリと浮い、真島さんはイキなり躊躇なく、嫁の足の指を舐め始めた、脚を引っ込めようと、そして足の指そのものをフェラチオでも、舌で舐めるという行為になったこと、5分、肩を揺らし、そこは濡れすぎなほど濡れ、俺とでは一度もない、淡々と嫁のアソコを舐め続ける、クンニを続け、『え?仁君、何を……』、力なく腕をベッドに落とした、究極のテクニック、シティホテルでこんなに叫ん、『あぁぁーっ!イクっ!イクっ!もうイッてるよぉっ!ダメぇっ!イィグゥッ!!おぉおおおぉおおっっ!!』、。ご主人にキス、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト