性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

寝取られ掲示板を見ていた俺が、嫁のことを報告する立場になった5

TD044570
キーワード: 有料ブロマガ
カテゴリー: 第三者視点 男(熟年、経験済、医者)女(大人、人妻 、看護婦)

テクスト冒頭部分

真希は、電池が切れてしまったようにソファでグッタリしている。そして、そんな風に失神している真希に、シュンちゃんはなんの躊躇もなく、生の巨根を挿入してしまった。真希は、当然のことながらリアクションがない。でも、シュンちゃんはまったくかまわずに腰を振る。仕事で着るナース服を着たまま、失神状態の真希が睡姦されている姿は、あまりにも辛いものだった。「姫の、相変わらずキッツキツだね。まだ先生に指示されたスクワットやってるのかな?」と、気持ちよさそうな顔で言うシュンちゃん。俺は、真希の膣の締まりの理由を知ってしまい、また一つ凹むことが増えてしまった……。シュンちゃんは、可愛らしい顔からは想像もつかないくらいの巨根を突っ込み、男らしく腰を振っている。でも、真希はほとんど動きを見せない。グチョグチョという音が響き、見え隠れする真希のあそこからは、泡だったような白濁とした液体が流れ出ている。自分の妻のあそこから、他の男の精液が流れ出る姿を見て、俺はどうしようもなく興奮していた。「まだ俺途中だぜ」優君はそう言うと、真希に入れているシュンちゃんの後ろに回り込み、やっぱり立派なペニスをシュンちゃんのアナルに一息に突っ込んだ。「うぅふぅ♡これヤバいよぉ、気持ち良くておかしくなっちゃう♡」シュンちゃんは嫁に挿入したままアナルを犯されて、とろけた顔でうめく。その顔は、まるっきり牝のような感じで、見ていてドキドキしてしまった。すると、真希が意識を取り戻し、『あれれ?シュンちゃん、入れながら入れられてるんだwなんか、いつもより固いよw』と、からかうように言う。「だってぇ、優のもいつもより固いから♡嫉妬してるの?」シュンちゃんは、後を振り返りながら優君に言う。すると、優君は何も言わずにシュンちゃんにキスをした。そして、キスをしながら腰を強く振る優君。シュンちゃんが真希に入れていることで、真希に嫉妬しているのは間違いないようだ。「うぅ〜っ!んっ!」キスで口を塞がれながら、シュンちゃんが気持ちよさそうにうめく。俺はこの乱交を見ていて、嫉妬よりも興奮が遥かに大きかった。そして、嫉妬の相手は、彼ら三人ではなく、先生に向けられていた。真希は、先生の指示でなんでも言うとおりにやってきたようだ。ここまで真希の心を縛ってコントロールしていた先生。俺は、勝てているのだろうか?俺では、真希をこんな風にコントロールして言い

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

真希は、ソファでグッタリ、生の巨根を挿入、優君はそう言う、ペニスをシュンちゃんのアナルに一息に突っ込ん、「うぅふぅ?これヤバいよぉ、気持ち良く、アナルを犯され、感じで、見、?嫉妬、優君は何も言わずにシュンちゃんにキスを、彼ら三人、ここまで真希の心を縛っ、、勝手に二人で盛り上がらない、w仕方ないなぁ。ヒロ君、、『良いよ。私が言えることじゃないもんねwヒロ君、私の緩くなってる?拓ちゃんのバカみたいに大きい、腰を前後にシェイク、真希。小さな舌が口の中で暴れ回り、快感がさらに増し、「姫、僕も混ぜ、他の男のペニスをフェラチオ、淫ら、射精しかけた、同時に3人の男を相手に、まだ大学生の3人は、5人での同居生活ということになる、シュンちゃんが裸エプロンで料理を、エロく、可愛い、拓ちゃんにはあそこを舐めさせ、ズボンと下着を降ろし、「アン。ヒロさんエッチ?」シュンちゃんは料理を続け、。実は一番淫乱、。でも、シュンちゃんは俺とのセックスをとても喜ん、。女性の子宮口と違い、前立腺は意外、もうイキそうになっ、、嫉妬で真希を抱いたよう、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト