性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

満員電車の痴女

TD045043
カテゴリー:

テクスト冒頭部分

高2の年末に引っ越しをしました。通学の電車も変わってしまって、毎朝酷い満員電車に乗るハメになりました。地獄が始まったのは3学期が始まった日です。電車に乗ろうとしても、駅員が押し込んでくれないと乗れないんですから。しかも乗ってから次の駅でまた人が押し込まれるんです。池袋までの数十分でしたが、本当に毎日が地獄でした。1月の半ばのある日、いつもと同じように僕は押し込まれました。イヤだなぁーと思いながら、次の駅でまた数人が押し込まれてきました。ちょうど僕はドアに向かって後ろをむいた状態で立っていました。最後の人が押し込まれてしばらくすると、何やら後ろの太ももに手が当たっているのに気が付きました。偶然当たっているもんだと思っていたのですが、どうやら違うんです。手の平が太ももにピタッと張り付いているんです。変だなと思いましたが、見動きが取れません。後ろを振り返るにも全く動けないんです。しばらく我慢していると、その手は今度はケツに移動してきました。学ランのケツをゆっくり撫でまわしてくるんです。これは何かの間違いかと思いました。痴漢が女と間違えて俺のケツを触っちゃってるんじゃないかと。身をよじってなんとかヤメろと態度で示しました。それでもずっとケツを撫でまわしてくるんです。僕は気持が悪くなり、動ける方向に少しだけ動きました。ちょうど横向きになる姿勢になると、ケツからの手が離れていきました。やっと男だって気が付いたかと安心しました。どんな奴が痴漢なんてしてるのか興味がわきました。僕の後ろ辺りにいるのは分かっていたので、どうにか降りる瞬間に確認しようと思いました。池袋で一気に人が吐き出される瞬間が勝負です。強引に体をひねって、僕は後ろにいる人を確認しました。そこにはOLっぽい女性とオヤジと、大学生風の男がいました。この大学生っぽいのかオヤジが痴漢なんだなって思いました。そんな痴漢の事も忘れて、次の日も同じ電車に乗りました。次の駅で人が押し込まれて、また動けない状態なった時、またケツに手が当たってきたんです。今度は太ももとかじゃなくて、初めっからケツを撫で回し始めました。またかよ!と身をよじりましたが、全く手の動きが止まりません。終いにはケツの割れ目を指で上下にさすってきました。身をよじっても動きが止まらず、とうとうケツの穴辺りを指先でクルクルと弄り始めました。さすがにこれには我慢できず

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

高2の年末に引っ越しを、地獄が始まったのは3学期が始まった日、池袋までの数十分、1月の半ばのある日、何やら後ろの太ももに手が当たっ、そこにはOLっぽい女性とオヤジと、大学生風の男がいました、またかよ!と身をよじりました、4人の人が押し込まれ、肩とヒジの中間あたりに、OLさんぽい女性の胸が、右に乳房、当時の僕は恥ずかしながら童貞、多分Dカップはあったと、股間に辿り着きました、トランクスの中はビッチョリ濡れ、少し幼い感じが残る、電車はあと7~8分で池袋に到着、トランクスの生地に擦れるだけでイキそう、池袋まであと5分ぐらい、精子がドクドク出、トランクスを脱ぎました、関連記事女子大生に中出し(2)彼女の妹を・・・犯され、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト