性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

子供のいない36歳の人妻派遣OLの性感帯を開発して性奴隷に

TD046501
カテゴリー: 男性視点 男(熟年、既婚、管理職)女(大人、人妻 、派遣OL)

テクスト冒頭部分

派遣で入った和子は細身の体に、くびれた腰をピチッと覆っている短めのタイトスカートにブラが透けて見えるブラウスが妙にそそる女だった。子供のいない36歳の人妻というのもかなりそそる要件だったが一応私の部下ということになっていたのでセクハラにならないように接していたところ、ある時、同じフロアの同僚から和子がヤリマンだという噂を聞いた。もう数名とやったという噂だが内容に信憑性があった。そうなれば遠慮する必要はない。パソコンに向かった和子が「○長、ここわからないんですけど」と私を呼んだ。薄い生地の白のブラウスからピンクのブラが透けている。後ろに立つとホックがリアルに見えるのがエロい。どれどれと覗き込むと二つ目まで外したボタンの隙間からこんもりと盛り上がった谷間が見えて、聞いた噂の内容を思い出し下半身が硬く漲ってきた。思わずその硬直を和子の背中に押し付けた。背中の硬いモノの正体に和子はすぐに気付きビクッと震えたが息を少し荒くしながら無言であった。私はマウスを持つ和子の手の上に私の手を添え、「ここをこうすればわかるから」と言いながら下半身を擦りつけるように動かした。そうして耳元に熱い吐息を吐きかけながら囁いた「たまらない体だな。俺のこの硬いデカマラ食ってみたくない?」すると軽く息を呑む感じで和子が小さく頷いた。「退社時に3丁目の○○銀行横の駐車場で待っているから」そう言うと俺は和子の横から離れた。駐車場では待つほどもなく和子が現れた。私は軽くパッシングをして所在を知らせると、小走りに和子が走り寄り助手席に座った。「お誘いびっくりしました。○長は私に関心ないんだってガッカリしてましたから」そう笑う和子がすぐマジな表情になり口を軽く空けて私を見つめた。そのサインを見逃すほど女の経験がないわけではない。軽いキスから始めすぐ濃厚に舌が絡まりあうディープキスに変わった。もう暗い外に安心して和子の唾液を吸い舌を吸う。深いため息で和子唇を外し「キス、すごく上手なんですね。。。もうキスだけで私。。。」と言う和子の手を取り私の勃起に誘った。手馴れた感じで和子が握りながら軽くしごき「すごく太くて硬い。。。」と潤んだ目で私を見る。私はエンジンをかけ「飯にする?それとも今握ってるのを食べる?」と和子に聞くと、「スイッチ入っちゃいてます。。。」との返事に「オッケー」と私は行きつけのラブホに車を向けた。ホテ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

短めのタイトスカートにブラが透け、見えるブラウスが妙にそそる女、子供のいない36歳の人妻というのもかなりそそる要件、ホックがリアルに見えるのがエロい、軽く息を呑む感じで和子が小さく頷いた、「退社時に3丁目の○○銀行横の駐車場で待っ、軽いキスから始めすぐ濃厚に舌が絡まりあうディープキスに変わった、和子の唾液を吸い舌を吸う、私は行きつけのラブホに車を向けた、ホテルに入る、ソファーに戻っ、和子を抱き寄せる、生脚の奥は指でなぞる、すでに下着は湿り気をたっぷり帯び、ギリギリに性器を覆う細い布をずらす、「もうドロドロじゃないか。この淫ら、液を舐め尽くしたいな」、「シャワー浴びさせ、そういう和子は私の舌がパンティ越しに一番敏感、硬く尖ってる乳首を腹側から持ち上げるように指を押し付ける、私はパンティをずらした指をまず1本挿入、はあはあ呼吸を荒げる和子にさらにクンニを続ける、また軽くよがり声を上げる、満足、指を二本に増やし和子のGスポットを探す、この淫乱、ゆっくりズボンを脱ぎ、パンツを脱い、ただ喘い、私は無言で和子の膣にモノをゆっくりと埋め込ん、「あ、ゴム。。。。」、和子以上の快楽を私は感じ、滅多に自分の意思に反した射精は、何十もの唇と舌先に吸われ舐められる感覚と、イボイボのある甘い粘膜に搾られる感覚とが絶妙のバランスに声も出ない感じ、激しい闘志が湧い、私は懸命に快感に耐え、粘膜の感覚に脳が痺れそうになる、和子は私の肩に手を置き顔を歪め、私は和子のブラウスを剥ぎ、和美はトロンと、部屋に和美の高いヨガリ声が響く、私のカリに擦られ、。飲ん、和子は私の首筋から乳首へと髪を振り乱し、和子のフェラは魅力、「もぅ、こんな俺の生チンポの味を覚えたら、もうゴム付のセックスなんてできないぞ」、、こんな気持ちいいエッチ味あわせ、最後の抵抗は、これが和子を思い通りに中出し性奴隷に、身体を蹂躙、バックで連続で逝きまくる和子にミニスカにノーパンで出勤、胸の膨らみに、妄想を掻き立て、スカートに潜った手がパンストでは無くガーターで吊ったストッキング、。6時に××で待て」、私は濡れた左手をそっと抜く、(笑)、アソコはヌルヌルを通り越し、ノーパンの膣口にあてがい体重をかけると軋み、和子の腰が自然とカリを味わうように卑猥、今も立ちバックで2度3度と逝か、今度はベッドに倒れこむ、、そろそろご主人様のご褒美下さい・・・」、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト