性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

高校生の頃、満員電車での痴漢にハマっていた時期があった

TD049201
カテゴリー: 男性視点 男(少年童貞、高校生)女(若者、不明、OL)

テクスト冒頭部分

もう随分前、工房の頃だが半年ほど満員電車にはまっていたことがある。3年の秋に推薦で大学を決めた俺は、学校には週に一度行くだけで、よく暇をもてあましていた。かといって彼女もおらず、童貞をいい感じにこじらせていたため、思い至ったのが満員電車というわけだ。ビビリのチェリーボーイがここの諸氏の体験のような過激な行為を行えたわけでもないが、一番印象に残っているものを報告しようと思う。その日も俺は関西の某くいだおれ府の地下鉄の駅にいた。朝の通勤時間帯、ホームにはやばいくらい人があふれている。列車待ちの列に目を走らせ、獲物を物色する。この頃には、自分のタイプの女・可愛くて若い子を探せばいいわけではない、ということに俺は気づいていた。実際に痴×をするには、列車の込み具合とポジショニングが重要である。俺は、T駅での乗り換えに便利なため特に混雑がひどい中ほどの車両の列に並んでいる女を重点的にチェックする。すると、列の後ろの方にいるOL風の若い女が目に留まった。列の後ろにいる獲物は乗車時にドア付近に乗ることになり、痴×がやりやすくなる。その女は黒のスーツを着ており、髪はボブ、年は22-3ってとこだろう。色白ではっきりした顔立ちだが、黒縁のメガネをかけていて化粧っ気はあまりない。(以下、黒縁と呼ぶ)こういう地味で大人しそうな女はどストライクだ。黒縁のぴっちりしたスーツに包まれた丸い尻を見るだけで勃起してくる。俺は怪しまれないよう、間に2-3人のリーマンを挟んで黒縁の後ろに並んだ。列車が到着すると大量の人が吐き出され、それを上回る人数が乗り込んでいく。ここで間違っても獲物の真後ろにくっついたりしてはいけない。警戒されてしまう。ドアが閉まると車内は鬼のような混雑、俺は黒縁の横に並ぶように乗車した。ここでがんばってほかの客を押し込み、俺はドアとの間に隙間を作っていく。しばらくすると、黒縁は自然に俺の作った隙間、つまり俺とドアの間に吸い込まれてきた。こうなれば仕事は半分終わったようなものだ。俺は混雑の圧力を利用して、今度は逆に黒縁をドアに押し付ける。ものの数十秒後には俺はかちかちに勃起したモノを黒縁の尻の割れ目に押し付けることに成功していた。勃起の感触がわかったのだろう、黒縁は怯えた顔でうつむいていたがもう逃げられない。少なくとも次の駅につくまでの10分間は。俺は黒縁の髪に鼻を突っ込み匂いを嗅いだ

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

3年の秋に推薦で大学を決めた俺は、童貞をいい感じにこじらせ、ビビリのチェリーボーイがここの諸氏の体験のよう、列の後ろの方にいるOL風の若い女が目に留まった、髪はボブ、顔立ち、黒縁のメガネをかけ、間に2-3人のリーマンを挟ん、数十秒後には俺はかちかちに勃起、ほんの5分前まで遠目に眺めるだけ、俺は尻を触り、右を手で揉まれるという卑猥、黒縁のベージュのパンストの上から触れた尻とパンツのレースの感触は、太もも、俺は黒縁の股間から手を引き抜きスカートを直し、俺は一度も触れ、黒縁の胸を後ろから両手でつかん、(俺にとっては)初めて犯した大胆、大量に射精、この世のものとは思えない快感、彼女は自分の肩を両手で抱えるように、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト