性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

息子の担当の40歳の保母さんのヒップラインに魅了され思わず…

TD050236
カテゴリー: 女性視点 男(大人、既婚、不明)女(熟女、人妻 、保母)

テクスト冒頭部分

小さい子がいるので、毎日毎日送り迎えをしています。こじんまりとした保育園なので、保母さんとは、比較的顔見知りになれるんです。そこには、ちょうど40歳の素敵な保母Sさんがいて、息子の担当です。毎日、当たり前のように会話をし2年が過ぎました。2年目のある日、保護者会の役員になり、休日に保育園にいく日がありました。何人かの保護者と保母さんもいらっしゃいます。その中には、S先生もいました。その日は、何かわからないけど、すごく先生が気になって気になって仕方がなかったんです。会議のあと、奉仕作業があったんですが、大きな胸に、揺れるような大きなヒップ・・。くびれたウエスト。毎日の努力がうかがえます。そのうち、会話をする機会があり、作業をしながら話し込んであおりました。香水は仕事柄つけてないと思うのですが、もう女性特有のなんともいえない香りが刺激します。会話の中で、旦那さんが、単身赴任であるということがわかり、勝手にいろいろ想像を膨らませていました。そのうち、作業が終わり、みなさんが帰りはじめます。自分も、先生の姿を目で堪能し帰ろうとしたのですが、先生に呼び止められ、引き返すことに・・。先生は、主任で保護者会の担当であったため、保護者会計の自分に書類の確認をしてほしかったのです。保育園に2人きりになり、また勝手に妄想が膨らんできました。先生はそんなそぶりもなく、淡々としています。でも、豊満な体は、常に自分を刺激続けているんです。あの、大きなお尻のジャージをおろすとどんな下着なんだろうなんて・・。そのときです、ありきたりなエロ小説のような展開に変わってきたんです。あんなことはありえないと思っていたのですが、目の前にその話が展開されようとしています。倉庫の奥にある書類があるので一緒に運んでほしいとうのです。その倉庫についていくと、書類の束がいくつかありました。何年かの書類が束になってるので、確かに重いんです。そのとき、先生がとった行動は・・・なんと、しゃがまずに、お尻を自分の方にむけ、前屈のような状態に・・。丸い大きなお尻がアップになりつきだしています。大きなお尻の中心部分。女性の大事なあたりが、ぷっくりともりあがり、やわらかそうななんともいえない形を作り出しておりました。無意識のうちに、自分の手は、そのこんもりとした、女性の大事な所にのびたのでした・・。思わず手が伸び、気がついたとき

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

ちょうど40歳の素敵、2年が過ぎました、大きな胸に、大きなヒップ・・、くびれたウエスト、もう女性特有のなんともいえない香りが刺激、単身赴任、また勝手に妄想が膨らん、どんな下着、ありきたりなエロ小説のよう、冗談と感じたらしく、、すごいことにきづいたのは、さっきまで大きなお尻にあった、パンティラインが、トイレへ行っ、。抵抗、舌で刺激、快感に耐え、触り続けました。先生は自ら腰を使い一生懸命押さえようと、ジャージの上からも濡れ、このまま挿入、一突きごとに必死に声を殺し、1回限りの現実、

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト