性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

英語教室の金髪碧眼の先生は俺の22cmペニスで欲求不満解消

TD050245
カテゴリー: 男性視点 男(経験済、会社員)女(大人、経験済、英会話講師)

テクスト冒頭部分

俺の会社はフランスの会社と合弁しているので年齢や職位、勤続年数によって英語はこの位できなければならないとい規則が厳しい。研究所でもうるさく英語を勉強せよと言われる。高校時代から第二外国語のフランス語の方が強くなってしまってどうしても英語に力が入らない。フランス語の方はバカロレアの問題が解けるほどなのに悔しい。そこで駅前英語教室に通う事にした。本当に少人数で親身に教えてくれる。俺を教えてくれるのは30歳代のカナダの美人の先生だ。金髪でブルーアイ。カナダと言えばフランス語も公用語だ。先生と雑談をしているとき思い切って「ジュパルルフロンセ。メィアウンプウ」と話しかけてみた。先生は驚いたがフランス語で応じて下さった。先生もフランス語の強いケベック州出身だそうだ。それから授業の時も英語が頭の中で真っ白になると小声でフランス語のヒントをくれるようになった。先生はフランス語でおしゃべりしたくてうずうずしていた。英語教室終了後、近くのキャフェで彼女のフランス語を聞く晩が多くなった。彼女は思い切りフランス語が使えると機関銃のような勢いで話をしてくれた。俺は付いて行けなくて何度も「アンモーマンシルヴプレ」「パルドン」で話の腰を折ってしまった。色々なお話をしたが「私は1度結婚したら離婚しません。子供たちが可哀想だからです。」という結婚観を披露して下さったのには驚いた。俺は「結婚前は両目全開で良く相手を観察して選べ、。結婚後は片目をつぶれ。」という言葉と聖書の「神が結び合わせたものを人が解くのは良くない。」という言葉を披露した。先生は頷いていた。私は世界に名を知られる会社の研究職だ。博士号も持っている。先生は英語に多少難があっても「あなたの様に優秀な人ならカナダ国籍は容易にとれる。モントリオール大学で研究しない?」と言って下さった。先生とはフランス語を通じてどんどん親密になった。ついに彼女の部屋に呼ばれて2人でベッド入った。俺は日本式のねっとりなめなめ愛撫を繰り出した。性感帯は万国共通だなと思った。女を逃げられなくする必殺のクンニも30分御馳走してからコンドームををしたペニスを差し込んだ。自慢ではないが俺のペニスは22cm以上ある。彼女のP点とG点を意識しながらピストンを繰り出した。先生は膣イキしてくれた。それからは英語教室がある日は必ず彼女とセックスをした。体を重ねるうちに彼女は意外と性

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

高校時代から第二外国語のフランス語の方が強くなっ、30歳代のカナダの美人の先生、「パルドン」、「私は1度結婚、カナダ国籍は容易にとれる。モントリオール大学で研究、2人でベッド入った、必殺のクンニも30分御馳走、コンドームをを、ペニスを差し込ん、ピストンを繰り出した、先生は膣イキ、それからは英語教室がある日は必ず彼女とセックスを、体を重ねるうちに彼女は意外と性経験が少ないと感じた、俺は48手トランプというのを買っ、先生の裸は本当に美しい、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト