性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

この年になって結婚とは…仕事ばかりだった56歳取締役が秘書と

TD050246
カテゴリー: 男性視点 男(熟年、童貞、会社役員)女(大人、処女 、OL)

テクスト冒頭部分

僕はある財閥系企業に勤めている。入社以来仕事ばかり馬車馬のようにこなして行ったら実績溜まって56歳で取締役にされてしまった。本当に仕事以外取り柄が無い。会社に個室とパソコンが与えられたが、慣れたもので仕事なんか定時以内に終わってしまう。でも下が頑張っているのにさっさと帰るわけにもいかず、余った時間は部下の相談、よろずごとに乗っている。もちろん秘密厳守だ。僕は気さくな方だ。都内に家を持っているから電車で通勤すると言っても人事がセキュリティの問題ですからと車で送迎して定期券をくれない。仕事の邪魔になると女性を遠ざけてきたので結婚も恋もせず貯金もあるので部下たちのために使っている。女の子にはおいしいケーキを、そして若い社員たちには酒や御馳走をふるまっている。最近の若い者は義理堅いというのかそんな事をしていると僕のところに仕事を回さない。おかげで時間が出来るのでネットサーフィンしている。色々なサイトを見て回るのは面白い。会社はそんな僕に高級高性能なパソコンをあてがって実務をこなす若者にエントリーマシンを与えている。そこでパソコン仕事が早いという社員とパソコンを交換した。彼女は高性能機をフルに使って所属課全体の業務フローをスピードアップしてくれた。「よくやってくれた。」と彼女にはご褒美を出した。ネットサーフィンの途中でこの「萌えた体験談データベース」を見つけて色々な愛と性があるのだと驚いている。ところで僕はロマンスグレーが似合う渋い感じになって来た。いよいよ枯れた男になったなと思っていたら、30歳位の女子社員に色々世話を焼いてくれる娘達が現れた。世の中には未熟な女子高生の青い香りが好きだといういい年をした男性がいるのと反対に、オジサンの加齢臭が好きという若い女性がいるらしい。ある時28歳の自分の秘書に真顔で「私は取締役の仕事に命を懸ける男らしい生き方が好きです。私なんか釣り合わないですが、私は本気で取締役に恋をしています。」と告白されて驚きのあまり椅子から転げ落ち、返事が出来なくて頭を抱えてしまったことがある。これを機に彼女の体当たり攻撃が始まった。仕方がないので週末は1回デートしよう。その代り平日は仕事に集中しようと取り決めをした。若い彼女とデートすると親子に見られて都合がよい。彼女は欲がない。昼ご飯はモスバーガー。ウインドショッピングをして「欲しいものが有ったら買うよ。」

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

56歳で取締役に、もちろん秘密厳守、女性を遠ざけ、結婚も恋も、女の子にはおいしいケーキを、そして若い社員たちには酒や御馳走をふるまっ、サイトを見、「萌えた体験談データベース」、愛と性があるの、ところで僕はロマンスグレーが似合う渋い感じになっ、30歳位の女子社員に色々世話を焼い、男性がいるのと反対に、ある時28歳の自分の秘書に真顔で、週末は1回デート、「今度は取締役が夕方お酒を飲みにつれ、最近はファッションホテルと言うらしい、女性経験ゼロ。童貞、。おじさんのテクニックは期待できないよ。だからこういうデートは控えよう。」、。処女、全裸の彼女を見、彼女に服を脱がせ、シャワーを使っ、ベッドイン、。もし妊娠、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト