性的表現を含むテクスト案内所

  インターネット上の20万件を超える性的な表現を含む体験談のページを解析して 4万件の文章に集約し、カテゴリ分けして紹介しています

処女喪失記念日…大学3年の頃、高校2年の清純そうな女の子の処女を

TD050261
カテゴリー: 男性視点 男(経験済、大学生)女(少女処女 、高校生)

テクスト冒頭部分

30年前、大学3年の頃、高校2年生のとても清純そうな女の子の処女を貰った。佐野量子に似た美少女は、セーラー服を脱ぐときに、「向こう、向いてて・・・」と言いましたが、俺は、「いずれ素っ裸で抱き合うんだから、そんなこと言うなよ・・・」と乙女心も理解せずに自分だけさっさと素っ裸になって、そそり起つマラを見せつけた。「キャッ・・・」半裸の彼女が顔を覆った。既にセーラー服とスカートはたたんでテーブルの上、外しかけていたブラが浮いて、可愛い乳首が見えた。俺は近付いてブラを外し、優しく乳房を揉みながらパンツの上から恥裂をなぞった。膝がガクガクした彼女を抱き上げてベッドに横たえ、パンツを脱がした。恥裂を手で隠す彼女を再び抱き上げて、バスルームで体を洗った。ベッドに戻り、すっかり肝炎した彼女の恥裂を広げて、全く型崩れの無い美麗な恥唇の奥の恥穴に覗くギザギザの処女膜を観察した。「恥ずかしい・・・そんなに見ないで・・・」「綺麗だよ・・・ピンクの穴が濡れてるね・・・ピンクのお豆、舐めちゃうよ・・・」舌先で円を描くように恥豆を転がすと、我慢していた快感の声が漏れ始めた。「ハアハア・・・ハッ・・・ハァ、アッ、アァッ・・・」恥豆を自分で慰めたことぐらいはあるだろうが、執拗に舐められたことは無かっただろう。俺は、その可愛い恥豆の皮を剥こうとクイッと上の方にずらしながら吸い上げた。そして、口の中を減圧したままで剥け出ている恥豆を舌と上唇で挟むようにして扱いた。バイト先の不倫人妻OLに仕込まれた技だった。彼女の体がビクッと痙攣し、「ウアァァァァァ~~~」と激しい喘ぎ声をあげて仰け反られて、吸い付いていた口を外された。「もう・・・止めて・・・頭が変になっちゃう・・・」全身上気して、入れ頃を感じたので、キスしながらそっとイチモツを恥穴にあてがい挿入を試みた。「ンンンン~~~・・・」身を捩られて外れた。逸る気持ちが焦りとなって、彼女の足を思い切り広げてイチモツをブチ込んでしまった。そのあまりにも恥ずかしい格好に顔を手で覆う彼女が、「ギャッ!」と叫んで破瓜を迎えた。メリメリと沈んでいくイチモツは生のまま、彼女はそのことにも気づかずただ破瓜の板もに耐えていた。俺は、初めての処女喪失に興奮して、清純そうな美少女の処女ゲットの嬉しさに酔っていた。悶絶する彼女にハッと気づき、なるべく早く射精をしようと彼女を大股開きに

続きはリンク先で

ピックアップフレーズ

大学3年の頃、高校2年生のとても清純そう、女の子の処女を貰った、佐野量子に似た美少女は、セーラー服を脱ぐときに、ブラが浮い、可愛い乳首が見えた、優しく乳房を揉み、パンツの上から恥裂をなぞった、ベッドに横たえ、パンツを脱がした、「綺麗、・・・ピンクの穴が濡れてるね・・・ピンクのお豆、舐めちゃうよ・・・」、快感の声が漏れ始めた、恥豆を舌と上唇で挟むように、バイト先の不倫人妻OLに仕込まれた技、激しい喘ぎ声をあげ、吸い付い、入れ頃を感じた、キス、そっとイチモツを恥穴にあてがい挿入を試みた、なるべく早く射精を、彼女の胸に射精、一度セックス、町中の男達に見せびらかすようにデート、バイト代は全てホテル代に消えた、セーラー服少女を犯す現場を見られ、「君は、家に娘とどんな付き合いを、「結婚、母が交際を認める発言を、俺25歳、恥穴から中出、三人の子宝に恵まれた、子供達から贈られた銀婚祝いの温泉旅行で、久しぶりに二人で風呂に入った、これほど若々しい、夫婦二人に戻った俺達は、何千回とセックス、

似た内容のテクスト

カテゴリ

リンク

新着テクスト

更新テクスト